2017年6月23日金曜日

【番外編】美ヶ原

番外編ばかりが続きます(笑)。
まずは高原のキセキレイ。
谷川沿いで見ることが普通のキセキレイ。
美ヶ原の牧場近くの標高2000m弱の場所で気持ちよさそうに囀っていました。
この他、王ヶ頭の2000mを超える間所でも囀っていました。
高原をしばらく歩くとチョコマカとうごいているのはノビタキの巣立ち雛。
ようやく飛べるようになったところかな?
3羽ほどいたので、当然近くには親鳥が。
居ました。
ノビタキ雄。
黒い頭と淡い栗色のよだれかけ。
背中の黒と羽に入った白が良く目立ちます。
典型的な高原の鳥ですが、北海道では海抜0mの海岸の草原で沢山繁殖しています。

今日はノビタキが多い。
うれしくなって、もう一枚。
何回も来ている場所ですが、こんなにたくさんのノビタキを見たのは初めてです。
でも、雌が全然出てこないのは何故?
こちらはビンズイ。
高原の縁から西側に向かって下る斜面の上部で沢山鳴いていました。
ビンズイは「樹雲雀」とも呼ばれるそうで、ヒバリに似た声で囀ります。
ヒバリほど長くは鳴かないのですが、飛びながらも囀ります。
こちらは、囀りながら着地(着木)するところ。
こちらも典型的な高原の鳥、ホオアカ。
いつもの所で、いつもの様に、、、
去年もここで同じような写真を撮ったような気がする。
気のせい、、、
では無いと思う。


ホオジロの近縁種のホオアカ。
囀りもホオジロに近い。動画でどうぞ。
(これも去年と一緒から(笑))

高原ではレンゲツツジが三分咲き。
美ヶ原の今の季節の代表的な花だと思います。
(今の時期、どこでもこの花とも言う)
美ヶ原の最高峰。
王ヶ頭。
先月も撮ったな。
いつもならこの背景に北アルプスが見えるのですが、天気が良いとはいえ梅雨の時期で、空が霞んで遠くの山は全然見えません。
松本平を見下ろす王ヶ頭の山頂にはいくつかの電波塔と予約が取れないと噂の「王ヶ頭ホテル」があります。
この周りはイワツバメの繁殖地になっていますが、今日はまた一段と多い。50羽以上は居そう。
ヒナが巣立ったのかな?
こちらは電波塔の下の建物の軒下。
巣立ち雛と思われるイワツバメ。
こちらは王が当ホテルの軒下。
2番子の抱卵中?
お椀型のツバメの巣と違ってイワツバメは底の深いつぼ型のつを作ります。
しかし、ホテルの窓に向かって望遠レンズを向けるのは勇気がいります。
(笑)
高原牧場の周りはいろいろな鳥が楽しめますが、牧場の中はヒバリだけ。時々、ノスリやチョウゲンボウ。
この雲雀は草の中に座り込んでいますが、巣ではありません。さっきまで地面で囀っていたのが、レンズを向けると身を低くして警戒態勢。頭の毛を逆立てて緊張しているのがわかります。
王ヶ頭から牧場の中を突っ切って、茶臼山への途中。
おそらく鹿対策だとは思いますが、
捕獲されないように注意しながらこの中に突入。
ぁ、私は野生鳥獣ではありません。
茶臼山到着。
看板が新しくなっていてびっくり!
この方向には八ヶ岳、空気が澄んでいればその右に富士山が見えるのですが、今日は靄でいて陽射しはあるのに何も見えず。
朝6時から歩き始めてここでお昼。
後は降りるだけ。
下り路であったいつも元気なミソサザイ。
いつものボヤキですが、暗い林床ではなかなかピントが合わなくて、、、

朝早く出たのに登り道ではほとんど鳥が鳴かずトホホ状態でしたが下りではクロジの声を聞いたり、久しぶりにキバシリを見たりと少しだけリベンジ。
カッコウ類4種(カッコウ、ホトトギス、ジュウイチ、ツツドリ)の声が聞けたのが小さな成果。

2017年5月23日火曜日

【番外編】霧ヶ峰

連日、真夏の暑さが続いている信州。
平地(と言っても標高500m以上)で30度越えは真夏の気候です。
どこか涼しそうなところへ行こうとやって来たのが霧ヶ峰高原。
標高1600mの八島ヶ原湿原を一周してきました。
出てきてくれたのはノビタキ。
そして、アオジ。
(これはチョット遠すぎたか)
どちらも、まだ控えめな囀り。
気温は真夏並みでしたが、高層湿原の草はほとんどが枯葉。
木の芽がやっと出てきたところです。
標高2000m弱の美ヶ原高原より一段低いのですが、春が始まったばかりです。

霧ケ峰高原、八島ヶ原湿原。
ここを一周する遊歩道を歩いてきました。
いつも歩いている美ヶ原のすぐ近くなのですが、実は来たのは初めてです。
車で来て高原を散歩するにはなかなか良いところですが、シーズン中は人も多そう。
ウィークデーなのに駐車場は7割ほど埋まっていました。
枯草の湿原の向こう、右手のピークが霧ヶ峰の最高峰車山。
さて、今週中にもう一度美ヶ原に挑戦します。

2017年5月8日月曜日

【番外編】高原の春はまだこれから

この時期恒例の美ヶ原高原を歩いてきました。
平地では桜の咲き始めた4月初め以降、
気温の低い日が続き長く桜を楽しめましたが、高原ではまだ冬が終わったばかり。
例年ではソロソロ若葉が出始めて山の小鳥たちの囀りが始まる頃ですが、今年はまだこれからの様子。
ほとんど成果もなく、山を下りる途中で遠くにお世話になったルリビタキの声。
お礼を言いたくて(※詳細は後述)ジッと待っているといきなり目の前にウソ。
まだ堅い木の芽をついばんでいるところを写していると、ジロっとこちらをにらんで何も言わずに飛んで行ってしまいました。

美ヶ原の最高地点。
バックには左に乗鞍岳、右に穂高岳なんですが、良い天気にもかかわらず、黄砂の影響かほとんど見えない。
ここまで11時。鳥に関してはほとんど成果が無く、てその分早く来ました。
ただでさえ風の強いこの高原の西のはずれ。この後、牧場の中を歩いて茶臼岳に向かう途中で、風を避けながら昼食。立っていても飛ばされそうな強風の高原を通り越し、茶臼岳山頂まで後200m程の所でルリビタキが姿を出してくれた。近いけど枝の向こうで写真には難しいそう。取りあえず一枚。と、思ったらカメラを昼飯の場所に忘れてきた!
小一時間ほど逆戻り。茶臼岳をあきらめて下山へ。
と言うわけで、カメラを思い出させてくれたルリビタキさんにお礼を言わないといけない。(姿を見て、あわよくば写真を撮りたかったとも言う)
ヒガラ。
今日、一番姿を出してくれたのはこちらです。
この他、コガラ・シジュウカラ・エナガ・ゴジュウカラなど、定番の小鳥は居ましたが、皆さんまだこれからの様子。





キビタキ。
山麓の公園では元気に囀っていたのに、ここでは声もなく。いきなり出てきて、、、あっさりと、居なくなる。
まだ、来たばかりかな?
去年は囀りながら2羽でバトルをしていたのですが、今年はまだ戦う相手が来ないか。
この他、オオルリやクロジの声囀りも聞きましたが未だ練習中の様子。
美ヶ原への登り口。
標高1600mほどの広小場のオオヤマザクラの蕾。
一番膨らんでいるので、この位でした。
三城(さんじろう)のカラマツは芽吹いたばかり。
今日は見る鳥が少ない分、能率的に歩けた。(ただ歩いただけとも言う)
いつもは鳥を見ながらゆっくり歩くのに、こんなに慌てて歩いて、久しぶりの筋肉痛か?
そして、黄砂とは言え直射日光の下をテクテク。顔がヒリヒリと、、、いつもの事か(笑)。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございます。
その上に、おまけ。
先日、実家近くにコムクドリが来ました。
ムクドリより一回り小さく、声もムクドリに似るけど柔らかい声で、可愛い鳥です。
雌と一緒に二羽で来て、いかにも巣作りの場所を探しているという雰囲気でした。
是非とも近くに巣を作ってほしいと思っていましたが、二日ほどでいなくなってしまいました。

2017年5月2日火曜日

今日も水元公園

良く飽きないものだと、呆れながらも
今日も夜明けの水元公園。
昨日と違い、今日は穏やかな快晴。

ようやく、オオヨシキリの囀りが聞こえるようになりました。
いよいよ夏が近い。
葦の茎がまだ伸びていないので、渡って来たばかりのオオヨシキリは近くのハンノキで囀っているので、声のする方向を探すと、、、
あら、アカハラ。まだ、居ました。
ずいぶんと黒っぽいアカハラ。
冬場にここに居たのが黒くなったのか、それとも別の個体がたまたまここを通りかかったのか?
キビタキは今日も居ました。
控えめな囀りも。
葉っぱが大きくなって来て写真は難しくなってきました。(言い訳)

センダイムシクイの囀りも聞こえ、クロジの姿も見ましたが写真には撮れず。

コウホネが咲き始めました。
これからスイレン・ハス・オニバスと続きます。
おっと、水元公園の売りの花菖蒲ももう直です。

さて、今朝は早かったので早々に退散。
でも、時間があるので柴又経由で帰宅。
久しぶりに寅さん。
右足のつま先の方向には柴又の駅の改札。
振り返るのは帝釈天門前の商店街の方向。

寅さんの視線の先にこの春できた「さくら」の銅像。
見つめる先には寅さん。

一度見てみようと寄って来ました(笑)。

PS.銅像の写真を青空の下で撮るのは難しい、、、謎。

2017年4月23日日曜日

爽やかな朝です

前回、お目にかかれず繁殖地でのリベンジを誓ったクロジ。
まだ、居てくれました。
陽が出たとはいえ、藪の暗がりの中で取りあえず一枚。
雄です。
この時期まで居るんだから、囀りも聞きたいのですが、それは繁殖地でのお楽しみか?
こちらは雌。
ぢみぃ~な鳥です。
繁殖地でリベンジと言いましたが、
葉の茂った繁殖地では囀りは聞けても姿を見すのは難しい。
姿を見るのは越冬地の方が楽ですね、
梢ではシジュウカラ。
間もなく、林の中で元気なのはこのシジュウカラだけの寂しい季節になります。
夜明けの水元公園。
朝5時半に足がけいれんして目が覚めて、勢いで出かけてきました。
爽やかな日曜日の朝、
大勢の人がオオルリヤキビタキなどの派手な鳥を求めて来ていました。
キビタキやセンダイムシクイの囀りは聞こえましたが、私は写真に撮るどころか姿も見られずに早々に退散。
また、焼けました(笑)。

2017年4月14日金曜日

今日も水元公園

今日は頑張って朝早く、
夜明けの水元公園。
これから左手に見えるメタセコイヤの林の奥にある林へ、
いつもいるシジュウカラやメジロに負けないほどにウグイス、センダイムシクイ、時々アオジ。そして大型ツグミ(多分シロハラ)の囀りが響き、桜が満開とは言え朝早くの体が冷える林の中。
「ここはどこの高原か?」という雰囲気です。が、カラスがうるさい(笑)。
小鳥の声は多いのですが、写真はほとんど無理。
カモもすっかり少なくなりましたが、ハスの枯葉の中にハシビロガモ。
嘴が特徴的ですが、お腹の栗色が目立つので遠くからでもすぐ見つけられます。普通は青緑色に見える頭の色は構造色と言って色素ではなく光の屈折でできる色。光の当たり具合ではこんな風に見えます。
おゃ、ヨシガモも。
こちらの頭の緑色も構造色。
角度によっては茶色に見えます。
朝日の中できれいなメタリックグリーになったところをパチっ!
おゃおゃ、オカヨシガモもいた。
手前が雌で奥が雄。
もう一枚雄。
じみぃ~な色合いですが、黒い嘴と黒いお尻で、意外にわかり易い(笑)。
良く見ると繊細な羽の模様がとてもシックで好きなカモです。
でも、今日のこいつはずいぶんと白っぽい。今朝の光のせいなのか?この時期の特徴なのか?この個体の特異体質か?
いつも元気なシジュウカラ。
大きな声で囀りながら、これから出てくるクヌギの花芽(多分)の先をつついている?
つつくと言うよりなめているような感じか?
朝早くの水元公園ですが、散歩をする人の他に鳥を探す人も多い。
人々の見ている先には、
おっと、きれいな雄のオオルリ。
斜めから差す日の手前の枝の影が顔にかかってしまって、チョット残念。
でも、大勢の人のおかげで良いものを見せていただきました。
夏羽の黒頭になったユリカモメ。
夏羽のユリカモメが少ないのは繁殖のために早々に北行しているのかな?
こちらは黒くなりかけの個体です。
いつものママチャリ2号でウロウロしていると、向こうからこちらに向けてレンズを向けている人が、、、
レンズの先のハンノキの枝の中で、久しぶりのカワセミ。
水元公園の中央公園の桜。
一昨日の雨と昨日の風を耐えて、まだ満開です。
その桜の中のムクドリ。
別の樹ですが、、、
桜の中のツグミ。
ヒヨドリやメジロと違って、ムクドリやツグミは桜の花の蜜をなめるわけでは無いのですが、桜に止まっていたので撮ってみました(笑)。
桜堤の桜の並木もまだこの通り。
散り始めてはいますが、満開の後の寒さで見ごろは続いています。
おまけ、、、
オオタカのポイントで、ふと気が付くと?
目の前の水面を泳ぐものが。
淀川で見たヌートリアにも似ているが、、
これはうわさに聞くマスクラット???
中国地方で繁殖していて動物園で人気のカピバラ、野菜畑の害獣でも淀川では人気のヌートリアと同じように毛皮目的で南米から持ち込まれたネズミの仲間で、ここ水元公園で生息しているという話は聞いていましたがそのマスクラットでしょうか?今日はこの一瞬しか見られませんでした。