2018年1月18日木曜日

チュウヒ、コミミズクを狙って渡良瀬遊水地へ(言い訳満載)

18日、とても暖かくなるとの天気予報をあてにして、
チュウヒなどを狙って渡良瀬遊水地までやってきました。
結論から言うと、ほぼ空振り。
小鳥やカモを谷中周辺で見た後で、満を持してチュウヒのポイントへ。
まだ、少し早かったのでコミミズクのポイントを先に見ようかとした時に
ハイイロチュウヒが目の前を右から左へと飛んだ。
「ここで待つしかないだろう」とそのまま日暮れまで待ちましたが、
その後チュウヒが2羽ほど遠くを飛んだだけに終わりました。
暖かい日でも、高台の吹きさらしでジッとしているとやっぱり寒い。
チュウヒを待ちながら、遠くの水面を見てみると。
おゃ、マガンが2羽。
そう言えばここに来て車を降りた時に「雁の声のような?」と思いましたが、
目の前をハイイロチュウヒが横切ってすっかり忘れていた。
やっぱり、居たんだ。でも、とても遠くですけどね。
遠くと言えば、ここに来る前に谷中湖の中島からはるか南側に白い点。
コハクチョウが5羽。スコープで見ても嘴の色が、、、推定コハクチョウ。
悲しい歴史があった場所とはいえ、広大な水面、芳原、湿地があるので
白鳥や鴈が越冬しても不思議ではない場所ですが、記録は少ないようですね。
ここはチュウヒをはじめとしてタカの観察地として有名ですが水鳥も豊富です。
ただ、広すぎるので水鳥は遠くにしか見えない。
写真を撮る人にとってはここの水鳥は被写体の対象外でしょうね。
ブツブツ言ってきましたが、
やっぱり写真がないと寂しい。
谷中の駐車場に車を止めたら聞こえてきたベニマシコの声。
何に興奮しているのか?
何かを啄みながらしきりに鳴いて居ました。
光が強すぎて、
せっかくのベニマシコが台無しの写真。
ジョウビタキの雌。
地味な色ながら、このクリっとした瞳が可愛い。
都会でもよく見ます。
我が家にも、、、来ます。
時々ですけど、
こちらはジョウビタキ雄。
白髪頭に黒い顔。そして橙色のおなか。
背中は黒くて、白い紋付。
とても分かりやすい。
越冬中のジョウビタキは餌をとるための縄張りを雌雄別々に持ちます。
この雄は出過ぎたのか、隣の雌に追い払われていました(笑)。
不思議なのは雄雌が互い違いに居る事。
密度の高いここだけの現象か?
ジョウビタキの雌の可愛さは
この振り返り。見返り美人。
つぶらな瞳で振り返った姿は、、、

残念、嘴に枝がかぶってしまった。

待っていたチュウヒはそれっきり、
すっかり暗くなった芳原。
帰ろうとするとキジの声をつぶしたような「ぎゃぅ」と言うようにも聞こえる声。
何事かと思っているとあちこちから聞こえてくる。
鳴き交わしているのはおそらくクイナ。次々に声は増えてきて、聞こえているだけでおそらく十数羽。冬場の都会の公園では人気の鳥ですが、こんなにたくさん居ても、これだけ深い芳原の中では写真は無理でしょうね、、、

追記:寒さの中でチュウヒを待っている時に遠くに見えるコミミズクのポイントには大勢の人が居る。やっぱり、あっちに行けばよかったかなぁ?
いやいや、ここにいたからマガンが見られた。トラフズクの話も聞けたし、またここに来ないといけないかな?

2018年1月16日火曜日

今日はカラムクドリ@谷津干潟

昨日に引き続き良い天気で暖かい天気予報。
昨夜、どこに行こうかと考えていたら、
ネットにカラムクドリの話。
と言う訳でやってきました。
来てみたら、いきなり居た!
そして、1分もしない内に飛んで行ってしまった。
しっかりと見る事が出来なかったのは残念ですが、効率は最高でした。
でも、やっぱりチャンと見たかった。
止まっているのはおそらく実を食べつくしたピラカンサ。実がまだたくさん残っているピラカンサも有ったので、もうしばらくいてくれる。かな?

谷津干潟に行く前に、立ち寄った行徳。
ノスリ。
思い切り逆光。
「ここに立ち寄りました。
 ノスリが居ましたよ。」
と言う、証拠写真です(笑)。
行徳の次に三番瀬。
立ち寄った記念のシロチドリ。
胸の黒い帯がとても濃くて
「おゃ?」っと思いましたが、
やっぱりシロチドリ。
今日の三番瀬は大潮、訪れた時は引き潮。
広く遠くまで広がった干潟では鳥が遠すぎて満足に観察できませんでした。
で、早々に切り上げて谷津干潟に向かって大正解。昨日に続いてラッキーな鳥見に満足な日でした。

2018年1月15日月曜日

ヒクイナ、クイナ、タシギ@水元公園

寒さで引きこもっていましたが、暖かくなるとの天気予報を聞いて出てきました。
今年初めての水元公園。
昨年の暮れから話題になっていた場所。
何回か来ましたがいつも満員御礼(笑)。
今朝もこちらと向こうから20名以上が大砲を並べていたので、とても割り込めずにスルー。
午後から覗いてみると人数が減っている。
と言っても10名以上。
皆さんの視線の先には
おっと、クイナが歩いている。

 クイナを見ていると、
手前で何か動いている。
タシギ。
この姿で枯れた草むらの中でジッとしていると、まず見つけられない。
歩いていると足元から飛び出されてびっくりさせられるのですが、向こうから来てくれるとありがたい。

ちょっと目を離して、
ふと見ると、おゃ?クイナがもう一羽?
いや、話題のヒクイナでした。
こちらはもっと小さい。
好みの問題はありますが、オリーブ色の背中とブドウ色のおなかがなんとも不思議な色彩です。
小さいけれども、首を延ばすとこんな感じ。
ここ水元公園では例年、クイナは記録がありますが、ヒクイナは珍しい。
もっぱらヒクイナを狙ってカメラマンが集まっているようです。
もう一度タシギ。
枯れた芦原にこの模様でジッとしていられるとなかなか気が付かない。。
嘴が長いので大きく見えますが、体はツグミより小さい事に今日気が付きました(笑)。
今日はオオタカやノスリも居ましたが、
逆光の上遠すぎたので写真の掲載は割愛。
大勢の人が集まっていると、鳥が見れる。
一人ではとても見つけられない都会の鳥見でした。
明日も暖かくなりそうです。さて、どこに行こうかな?

2017年12月19日火曜日

久しぶりの水元公園(今月2回目)

2週間も空くと久しぶりのような気がする(笑)。
寒いんですが、いい天気が続いています。
でも、鳥はもう一つ。
午前中はこれといった成果もなく、
お昼前にオオタカのポイントに来てみると
声がする。が、姿は見えない。
で、反対側に回り込んでみましたが、
今日はここも空振り。
あきらめてコンビニお握りを開いていると、モズが目の前に、、、
じっと下を見ている。
飛び降りた!
と思ったら、トカゲを咥えて飛び出してきた。
(カナヘビかな?)
首をしっかり咥えて、これでは即死でしょうね。

その後も特に成果はなく、
そろそろ帰りのことを考え始めていたら、
目の前にカワセミ。
今日もたくさん居ましたが、
射程距離に来てくれたのは久しぶり。
最後にカモを見て帰ろうかと、、、
いきなりヨシガモが近い。
近すぎる!
頭の緑色はもう少し遠い方がきれいに見えるかなぁ~(笑)。

せっかくなので、もう一枚。
やっぱり近すぎ。
はみ出してしまった(笑)。
でも、背中の飾り羽や細かい模様がはっきり見えている。
オカヨシガモも近い。
数少ないはみ出しの無い写真(笑)。
こちらは地味ですがシックで繊細な模様。
緑頭の代表、マガモ。
マガモも、ヨシガモも頭の緑色は構造色と言われるものです。光の当たり方でいろいろな色に見えます。
おしりの上にクルリンと巻いたダックテイルがよく見えます。
真っ白で目立たないのですがアヒルにもあります。
アヒルの原種がマガモだとよくわかります。
ついでと言ってはなんですが、
マガモの雌。

こちらは茶色頭の代表ホシハジロ。
たくさん居るのにめったに撮らない(笑)。
それにしてもこの目つき。

最後にミコアイサの雌。
特に珍しいわけではありませんが、ここで見たのは初めてかな?
盛んにエサを探して潜水して、
水面に出て居るのは短時間。
出てきたのを見つけて、慌ててファインダーに入れても、ピントが合う前にすぐに潜ってしまう。
光った水面では意外にピントが合わせずらい(笑)。

追伸:1ヵ月ほど前から、クイナやヒクイナの話を聞きます。
今日も何人かがポイントで粘っていました。
やはり、一か所でジッと頑張らないとなかなか会えないようですね。

2017年12月9日土曜日

荒川から葛西臨海公園へ

良い天気。
ちょっと寒いけれど、昨日の雨の後。
こんな朝は荒川からも富士山が見えます。
スカイツリーの右側、
ビルの向こうに富士山。
いつものセイタカシギのポイントなんですが、、、居ない。
この季節に全然いないとは?
どこに行っているんだろう?
その後葛西臨海公園まで来ましたが、
居そうで居ない鳥たち。
その中で、おゃ、
いつもうるさく鳴いていても
なかなか写真を撮らせてくれないオナガ。
今日はセンダン(?)の実を食べてました。
あまり旨そうではない(笑)。
昨日の雨で歩道にできた水たまりで水を飲んでいました。
センダンの実を食べるとのどが渇く?
つぶらな目のアオジの雌。
たまにこういうのが居ます。
2mほどの距離でもこちらは無視。
しかも、私とこのアオジの間を次々に人が通る。自転車も通る。
でも、落ち着いたものです。
私がカメラを向けているので、何があるのかと見ながら通る人もいますが、
動かないと意外にわからないでしょうね、
1mも離れていないすぐ足元に居ても。
しばらく行くと、地面にカメラを向けている人が多数。
足を止めて見てみると、
アオジ雄×2羽。
私からも3mくらい。
そう言えばこの場所は今年の春にアオジの雌雄を撮った場所。
その時にはどんどん近づいて来て、近すぎて追いかけられなかった。例年、春先になってエサが少なくなると人を気にしていられ無くなり、すぐ目の前に出てくることが多くなりますが今年は?

一回りする前に、人だかりの向こうにはオオタカ。
まだ、若い個体。
一応、見ましたと言う証拠写真。
一回りしてきたら、
ノスリ。
こちらも証拠写真。

今日は朝7時からママチャリ2号で出かけて、帰ってきたら午後4時。
ずぅ~と自転車をこいでいた訳でもなく、
鳥を追いかけ続けていた訳でもないですが、さすがに疲れた(笑)。
少々寒い冬の日でしたが、一日中良い天気で気持ちの良い日でした。

2017年12月5日火曜日

ちょっと足を延ばして三番瀬

全国的に冷え込みましたが、関東だけは暖かった日。
久しぶりに三番瀬へ。
ビロードキンクロやズグロカモメなどがいつも記録されているのに、トンと縁がない。
カモを探しててくてく歩いていると、
ズグロカモメ発見!
でも、チラッと見えただけ。
カモたちははるか遠く、とても識別できず。
せめて、ミヤコドリの記念写真でも、
と思っていたら、近くに来た!
小さな貝を捕らえた、、、と言うか貝に嘴を挟まれたような、、、(笑)。

どんどん近くに来る。
以外に足がでかい。

ここでは常連のミユビシギ。
ミヤコドリを見ているうちに
いつの間にかシギやチドリに囲まれた。
さてどれから写真に撮ろうかと迷っていると、
来た!
ズグロカモメ。ユリカモメによく似ていますが、嘴が黒くて短い。
コンデジで飛んでいるところを撮れたのはほとんど奇跡(笑)。
そのズグロカモメが砂浜に舞い降りた。
でも、遠い。
たくさんのシギやチドリに囲まれてどうしようかと思った瞬間、一斉に飛び立った!
鳥の羽ばたきの音に囲まれて、ヒッチコック以上。
ハイ、ハヤブサがやって来て、あんなにたくさん居たシギやチドリはあっという間にどこかに行きました。
その後、浜の逆方向に行くとミヤコドリ、、、遠くに団子の様に、、、200羽以上はいるんじゃないだろうか?
帰り際に「野鳥館」というところを覗いて観察記録をもらって来ました。
見てみたい鳥がたくさん。もうちょっと、まめに来ないといけないな。

2017年12月3日日曜日

今日も水元公園

昨日に続いて、
アオサギ

朝、家を出るときには曇り空でしたが、
すっかり晴天。
青空をバックに、、、
オカヨシガモ

地味ですが、黒いおしりと黒い嘴そして、このシックで繊細な羽色が好きです。
しかも、今日は間近に、、、
昔は遠くに姿を見つけるだけで感激していたのですが、最近は多くなった?
で、こちらはその雌。
嘴の色もオスとは違います。
さて、問題はこれからだ。
先週までキマユムシクイが居ると大勢の人でにぎわていた場所で、チラチラと動く影。
これはと思って見てみるもののチョコマカと動いて、双眼鏡でも追いきれない。
「エイャ!」とダメ元でシャッターを押した結果です。
ウグイスより小さいことだけはわかるし、
一羽だけではなく、都合4羽ほどがチョロチョロとすぐ目の前を動く。
複数のムシクイが一緒の場所にいるのを見たのは初めて、しかもそのわきにジャジャと言いながらウグイスは来るし、シジュウカラも数羽チョロチョロ動き回るしその内にアオジやジョウビタキまで来てどこを見て良いのかわからない状態。
先週まで居たキマユムシクイでは無い事だけは確かでしょうが、、、
ムシクイはわからん。

いつもの水元公園をいつもと反対の方向から。
左側が埼玉の三郷公園になります。
遠くにスカイツリーが見えるのがわかるかな?